2016年06月30日

スタジオ見学

スタジオ経営者のお友達のお店を訪問

新しく素敵なセットが完成したとのこと

あいにく友達は留守ではあったが見学させてもらった


アメリカの古い商店街を模したそうで

すごいクォリティ とてもセットには見えない

あらゆる箇所にセンスの良さを感じる

細かいところにもこだわり すばらしい完成度

DSC_1878.jpg

普段はバイクの撮影に使っているようだが

カプチのサイズだったら何とかなるかも・・・ 

お願いしてみよう

可能であれば 素敵な写真が撮れそうだ 


赤カプチは完成 素敵なカプチに仕上がった

005 (5).jpg

次はオレンジカプチの仕上げに取り掛かる

001 (2).jpg

在庫車も続々と入荷

手間はかかるがやり甲斐を感じる  がんばろう!











posted by ATF at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

久しぶりのカプチ

ここのところラパンに集中していたため

カプチがおろそか

これではいけない 本業をやらないと・・・


先日 塗装から返ってきたカプチに取り掛かる

008 (3).jpg

固体は外装こそ褪色しまくったコルドバレッドだが

4万キロになったばかりの高レベルカプチ

新車並みの輝きを得た

試乗するも フィーリングはばっちり

内装も痛んでいる箇所は皆無 お宝の一台

そうは言っても 手の届かない箇所の汚れはやむ終えない

綺麗に洗浄後 新しいシートに交換

DSC_0492.jpg

勿論錆腐食は皆無  ついでにサービスでトランクオープナーも装着

ノーマルだけど希少な一台となるでしょう

009 (3).jpg

本日は遠方から お世話になっているお客様ご来店 

高価なイチゴ大福のお土産 有難うございます ほおばりながらブログを描いています

006 (18).jpg

次回も大変ですが またよろしくお願いいたします


他ご利用いただきましたお客様今週も有難うございました

明日はお休みをいただきます 来週も頑張りますね  
posted by ATF at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

ドアーミラー

あらゆる保安基準により車は作られている

国ごとに 基準が違い

昔はサイドミラーの装着義務の無い北米向きの国産車を見て

カッコイイと思ったものでした


当時国内ではフェンダーミラーからドアーミラーへ移行され始めた頃

当時のドアミラーは大きくて不恰好 


左前の感覚がつかめないとのことで特に年配の方には不評 

車幅もずいぶん大きくなってしまい邪魔でもあった

その後 邪魔ならしまえということで電動格納になり 

むやみに大きかったドアミラーも

ボディになじむような デザインとなり

現代では 車の個性を生かす大切な一部になっている


なんて昔のことを思い出したのは 先ごろのニュースでドアミラーが

2016.6 からカメラで代用できるようになったとのこと

ドアミラーがなくなる! 

確かに最近のカメラによる視認性は日を追うごとに

すばらしいものになっている 

自動運転を目指す現代 前後左右数百メートルまで

把握できるソフトが完成 

ある意味 人より 人口知能のほうが信頼されている

ドアミラーに依る左右後方の視認性などアナログ過ぎて

当てにならないということか

空気抵抗の減少による 燃費向上 デザイン性 コスト等

あらゆるメリットが想像される  

ここまできたかという感じ かな?

各メーカーの愚かな(?) 燃費競争や Cd値競争がまた復活するかも・・・

003 (2).jpg

近未来の車にはワクワクするが

微力ながらも レトロな車に魅力を感じていただけるよう想像を膨らませています
posted by ATF at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする