2017年12月19日

車の安全装備

スバルから始まった

「衝突しない車」  少なくともCMからか

そのイメージがあるが

実際は「衝突しにくい車」

多くのディーラーで 車の後ろ姿のパネルに向かい

s-IMG_7839.jpg

試乗車で ブレーキを試す光景をみたことがある

私自身体感したことが無いのでよくわかりませんが

渋滞中一番後ろの車に追突するような事故が多発する中

とても良い装備であることは間違いないと思います


各自動車会社の考え方の違いから 追突の減少 

から始まり 損害の軽減 けがの軽減など 

言い方は違いますが 確実ではないといっています

あらゆる条件が すべてそろって初めて作動することから

現時点での技術的限界もあり 依存してはいけないことは確か

ディーラーでは「条件によって作動しないこともあります」的な念書を片手に

安全をアピールしながらの商談は 

言い方を間違えると「責任逃れ」ともいわれそうですが

昨今の情報ではAIの進化も すごいことに驚きます

すべては 将来のレベル5完全自動運転につながるものとして 

確実に安全へと向かっています

10年後 自動車の進化はどこまで行っているのか

興味深いですね



posted by ATF at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする