2018年03月29日

気候も良くなり 

作業中には汗ばむことも

そんな中 伊豆からのお客様

以前より 良くしていただいて 

メンテナンス時には往復250kmの道のりをご来店いただく

ありがたいお客様です

画像 243.jpg

画像a 145.jpg

久しぶりではありましたが 相変わらず中の良いご夫婦

カプチーノは奥様の足となり 長期にわたり活躍

不調を感じるものの溺愛していただいている

その気持ちがうれしい

何とか今後も可愛がっていただけるよう 不調は解消します

仕事を離れてもお付き合いいただきたい 貴重なご夫婦です
 

さて遠方納車のカプチ仕上げ

雪解けもはじまり 受け入れも近づいてきたようで

こちらも本腰を入れて準備に入る 不調が無きよう慎重に作業

オーダーのインストパッド交換など 大物から片づけ細かい作業へ 

s-IMG_8750.jpg

s-IMG_8757.jpg

s-IMG_8756.jpg

最後にセンターコンソールを取付 

内装完成!と・・・思いきや

暗くなってから気づく・・・ヒーターコントロールパネル照明点灯せず・・・

うううっ・・・うううっ・・・うううっ・・・


年度末は何かと忙しい すべてのことをミスが無きよう明日中に・・・

家内により綺麗に盛り付けてくれた お土産のイチゴ大福をいただきながら

1522325642252.jpg

明日の登録の確認・・・年明けからこの3か月 なんて・・・早すぎ!

posted by ATF at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

ご機嫌斜め

今日は朝から機嫌が悪い

プライベートなことなので なぜかは言わないが 悪い!


そんな私を察して おやつの差し入れ 家内から

s-IMG_8743.jpg

もっちりしていておいしい プチブルボンは 流行りのきな粉 ♡ 

さてお仕事!
 
今回初めての作業 アルファード センターコンソール リッドが開かない

中にはETCやらCDやら大切なものが入ったままらしい

なんとしても開けてほしいとのこと

たぶんレバーの一部が折れストッパーが解除できないと予想する

が このような不具合はトヨタ作業書の項目には ないだろうし

誰に聞くまでもなく わからないといわれそう

イラつきながらも見えるビスを外し 構造を探りながらの分解作業

過去の経験上 きれいな状態であけることは無理かもしれない

と思いながらも作業を進める ・・・と  光明の光が・・・

s-IMG_8687.jpg

s-IMG_8685.jpg

さすがトヨタ車 このような事態をも想定し

処理できるような構造になっていた わかれば早い・・・

複雑に部品が入り組んでいたが 予想通りレバーの先端が欠損していた

強力な接着剤で修理を・・・  と

s-IMG_8684.jpg

思っている以上に力がかかっていてすぐに欠損

やはり部品交換しかない


果たして部品は出るか?・・・  

・・・ 出るとのこと

しかもトヨタでは 頻繁ではないが経験済みの作業

やはり不具合作業書には載っていないらしい

聞けばもっと早かったが・・・・

もうこのころには機嫌は良好


事務のおねーさんも今朝からの私の態度で 気を使ってか 

プチブルボンを大量に用意してくれていた 

s-IMG_8464.jpg

なんか悪かったね・・・ていうか

私の機嫌取りにはお菓子で対応と 

オートフラックスの不具合作業書に 書いてあるらしい・・・
posted by ATF at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

春分の日なのに

とても寒い一日

ストーブを囲んでの団らんはいい・・・まったり

s-IMG_8034.jpg

んな 呑気なことはいいので 仕事を勧めろ!・・・と

嫌々ではなく 意欲をもって溜まっている作業を進める


情報誌にはすでに掲載されているオレンジカプチの内装作業

ご来店いただいたお客様を がっかりさせないように

できる限り 前オーナー様の痕跡を消す

s-IMG_8718.jpg

汚れはもちろん 嫌な箇所が無いよう追及する


「カプチーノを購入するときはここを確認せよ!」的な

情報をよく見かけるが 本気でカプチーノを販売しているお店であれば

そのあたりは絶対クリアーされている

本当に確認したいところは 

s-IMG_7406.jpg

リヤーフロアーの中

s-IMG_7662.jpg

フロントフェンダーロアーの中

s-IMG_8406.jpg

ドアートリムの中   以上3か所

これらは設計時 机上では問題なかったが

実走行10万kmで深刻な錆腐食の根幹となる箇所となってしまった

ENGやMT その他消耗品は修理ですきっきり修復可能だが 

ボディの腐食は完全修理は不可能なため事故修復歴より深刻な時も・・・

そうなる前に 絶対メンテナンスは必要!

当然 確認はできないので

メンテナンスされているか聞くしかありませんが・・・


カプチは最大で27年が経過した絶販車

モーター駆動や自動運転技術が進む中

走る 曲がる 止まる という 車の3要素を

人の感やコツで制御させるアナログな車

s-IMG_8479.jpg

SW ONで動き出すものではなく 

操る車として これからも大いに活躍させたい


それにしても冷える 明日はどうか 春はまだかーっ!

posted by ATF at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする