2023年01月28日

仕入

に苦労している

良い個体が減っていて・・・

12年前からカプチーノを見ているが

ここ数年の傾向として

マニュアルミッションの異常な高騰や

新車より高額な高年式車に あきれているが

世の流れには 逆らえられない


と言いながらも 今回は顧客様の下取り

5年前からメンテさせていただいた シルバーカプチ

管理させていただいてから ずっと見ていたので

手放す時は 絶対譲ってほしいと刷り込んでいたため

今回の代替えにつながり 下取として入庫  

とてもうれしい1台が入庫

メンテは ばっちり パワートレーン問題なし 調子も良い

といっても 外装は退色劣化が進み 販売車にはそぐわない

丁度職人君も 作業が開いたため 早速外装の仕上げに取り掛かってもらう

いつもの通り ボルト締めパーツは すべて取り払ってから

30年の車齢をねぎらいながらの作業

IMG_7438.JPG

IMG_7439.JPG

ボディの角質を除去 この時にはわずかな凸凹まで拾い 面をパテで整えます

ボディ全面の面を整えてから

IMG_7440 (1).JPG

IMG_7441 (1).JPG

捨てサフ 再度面を整えると

もう一度 仕上げのサフ仕上げ

乾燥後 全体を下地最後の 

IMG_7444.JPG

IMG_7447.JPG


面を整え 足付け ようやく ペイントの準備が完了

しかもマスキングはその都度張り替えます

これがとてもご苦労


塗装前のボディは 凹凸やゆがみは一切なく

きれいな丸みを帯びたラインや面が 際立ってきます

ここまでやらないと 職人君は納得できないのと

とても重要な工程なため 充分に時間を掛ける必要があります

これから 色を吹き付ける作業に入りますが 下地をしっかりやることで

仕上がりは 格段に違い新車並みになります



念入りな作業を終え 小さなパーツの作業に入る

こちらも 同じように30年の活躍をねぎらいながら

作業に入ります

posted by ATF at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする