2018年02月27日

腕時計

の電池交換に行ったが

裏側のふたが固くて回せないらしい

大手時計店なのに できないと断られた   

シンプルな文字盤でベルトがすごく気に入っていたので 

とても残念 ・・・悔しい 

・・・・あきらめられなくて

時計は止まっていることは承知で

時々はめていた 2年ぐらい経ったか・・・

只 いつも3時で あまりにも情けないので 

何とかしたいと思っていたところ

以前ダイバーズウオッチの電池交換をしてくれた

おじさんのことを思い出した 一人であらゆる時計に埋もれ

こつこつと仕事に没頭する姿が印象的で 経験や知識が豊富そう

物語になりそうな 今時珍しい時計屋さんだ

DSC_0378.JPG

だめもとで 見せると器用にベルトから時計を取り外し

少し考えてから 簡単にぽろっとふたを外した

どうやら回して外すのではなく

切り欠きがあり そこをこじてあけるタイプらしい

「回すように見せてあるが そこはダミーだ 」と一言

難なく電池を交換し時間を合わせて戻してくれた 

何年も止まっていた時計を 

見てくれの物から便利な道具に変えてくれた

他人から見れば それだけのことだが 

言いようのない 感動をいただいた

一週間悩んで購入した当時と同じくらい

とても新鮮な気持ちで時計をはめる 大切にしようと改めて思った 

感謝の気持ちはとても大きい 

いつもより時間を気にするようになった一日
posted by ATF at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: