2017年11月08日

制限速度

新東名の一部区間で

最高速度が110km テスト期間ということで開始されたそうです

日本の高速道路事情としては とても大きな挑戦らしいが

何も考えなければ わずか10km どうということはない

・・・と思ってしまったが 各車の速度差が増し 

危険リスクも増えるとのこと

車種によっても制限速度が違うため 問題も山積しているそうです


車よりバイクで高速を走ることの多い私にとって

「制限速度UP」より

「渋滞時に限り 徐行であればバイクは路肩を走行しても良い 」

という法規を作っていただきたい・・・  ダメか

s-IMG_7811.jpg

空冷バイクでの渋滞は 本当にやばい!


いづれは120kmを狙っているらしいが

そもそも交通モラルを守ること前提でなければ

次には進めないと思うが  どうでしょう


大型トラックは MAX80kmです



在庫ワインレッドカプチ 外装終了! 内装に突入

IMG_7788.JPG

シートを外し リヤーフロアーを分解  

今回の個体は優秀

傷みも少なく あまり汚れてない 

s-IMG_7778.jpg

もちろん錆なんかありません 好感の持てる一台 です
   (590円落ちていたからではありません)  
s-IMG_7795.jpg
s-IMG_7799.jpg
s-IMG_7806.jpg

ちなみに年式により

s-IMG_7797.jpg

このビニールの処置がされてない ものがあります 

初期の物は 樋もありません

確実に水はフロントフロアー内に侵入 中々気づきません

カーペットは濡れ 錆・腐食に至ります 

ドアーのインナーも ビニールによる防水処置はとても大切

劣化や度重なる修理でボロボロな状態 

ほぼほぼのカプチに リペアーは必要かと思います

IMG_7547.JPG

内装では シャワーテストもして とても注意している箇所です

なんとも 原始的な処置だけど この部位については

現代の車も変わってません





posted by ATF at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

博学

整備の兄さんが スニーカーの天日干し

おっ ナイキのマーク これは昔流行った 奴?

DSC_0114.JPG

当時から全く興味がなかったので 

何とか刈りも多く発生し 問題になった事位?

細かい話は全く分からない

劣化している割に穿いた形跡がない 高価そう

いろいろ話してくれたが このジャンルも詳しいのか!

申し訳なし ついてゆけない

彼らは 知らないことがないのでは  と 

感じるぐらい博学で

ドローンや携帯電話 古着や猫のことまで もちろん車 

深く広く常に新しい情報を持っている 

困ったときに 相談するとほぼ適切なお話をしてくれる

何かと教えていただくことが多い

助かっています


さていよいよ ワインレッドカプチ入庫

塗装の職人さんも大忙しの中 集中して仕上げてくれた

IMG_7776.JPG

今回もきれいな仕上がりです 

Sシルバーカプチも外装は仕上がったので

ワインレッドカプチに集中 

とりあえず雨が降っても困らないようにウィンドゥガラス

といってもドアーが仕上がらないとガラスは嵌らない

IMG_7769.JPG

IMG_7770.JPG

IMG_7765.JPG

カプチ仕上げに取り組んで ずいぶん経ちます

限界を感じることもありますが

昨年より今年 先月より今月 確実に進化してます

世間のこと 教えてもらうばかりですが

カプチのことは 教えることができます
posted by ATF at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

モーターショー行ってきました

前日までの台風がうそのような晴天

お約束の東京モーターショーに出かけた

家事を済ませてしまうため 休日なのに

いつもより早起き 奥様も最高に機嫌がいい

1509535441641.jpg

車の長距離は苦手なので バイクで行きたかったが 

奥様のことも考え 車で出発 普段バイクで勝手に出かけてしまうので

途中おやつも買って たまには奥様孝行 

寄り道しながらビッグサイト到着

パーキングには少し手間取ったが 思いの他スムーズ

月曜だというのにすごくにぎわっていて 少し違和感は感じたが

さすが日本での自動車最先端技術の展示会

すべてにおいて洗練されてる ・・・コンパニオンも・・・

1509535461651.jpg

化石燃料アナログ車専門の私には 近未来の車は相対する存在だが

オートパイロット EV AI など

業界片隅だけど そこに存在する以上 ワクワクしてきます


ただ 今一段高い位置に展示されている車達が 

近い将来 当たり前に存在する中

楽しむ種類が全く違うことに気づいたドライバーが

私が現在 夢中に取り組んでいる車の 

存在価値を高めることにも なるのではないか・・とも感じた 

どうでしょうか

総括  

車も女性コンパニオンも洗練されているが 

トヨタのイケメンコンパニオンには脱帽 

素敵すぎて ジェラシーさえ湧かない

同じ人間? ヒューマノイドか

こちらも存在の種類が違う・・・・・ 奥様は笑うだけ
posted by ATF at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする